最近のエントリー
カテゴリー
過去のエントリー
カレンダー
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< November 2014 >>
ブログ内を検索


PROFILE
モバイル
OTHERS
後期日本卓球リーグ大阪大会チケット
大阪市中央体育館で「平成26年度後期日本卓球リーグ大阪大会」が開幕!
11月19日(水)〜21日(金)は入場無料ですが、11月22日(土)・23日(日)が有料です。
神戸店ではまだ前売り券がございますので、観戦される方は是非お買い求めください。
一  般:前売り¥1,000(当日¥1,600)
小中高生:前売り¥500(当日¥800)
日本式グリップで裏面打法!
裏面打法といえば中国式ラケットで!とイメージする方は多いと思いますが、

長年日本式グリップを愛用されている方は、なかなか中国式にグリップに

変えづらい…。

当店でも中国式ラケットで裏面打法に挑戦する方は多いのですが、

「人差し指がずれてきてダメだ…」

「フォアの角度が出しづらい…」

などの理由で中国式を諦める方は非常に多いんです冷や汗

やはり人差し指のひっかかりが無くなったり、グリップの幅が広くなると

握りづらく感じますよね?

そういう方は、日本式グリップで裏面打法をすればいいんですグッド

但し、現在使用しているラケットの裏面にそのままラバーを貼ってしまうと

おそらく重くて振れません。

ラバーの種類や厚さによっても異なりますが、裏面ラバーを貼ると

約35〜45gの重さが加わるからです!

それを解消するにはラケットを軽量にするしかありません。

ではどんなラケットがいいのか…。

現在、裏面用のペンラケットがいくつか販売されていますが、ほとんどが

70〜75gあたりのラケットが多く、軽くなってもペンホルダーの平均より

10〜15g程度。

まだまだ重い困惑

そこで今回オススメするのが!

超軽量ラケット!!

反転式ラケット「ラプータフラットR」と「ストリークR-H」

どちらも約60〜66gの超軽量反転式ラケットで、それを↓のように

ストレスを感じるコルク部分を切り取って完全裏面用にすると約56〜62gにグッド


ラプータフラットR(改)


ストリークR-H(改)

ここまで軽くすると平均重量より約25〜30gラケットが軽くなるわけですから

重さの心配は必要ないでしょう!

あとは反発力…。

裏面にラバーを貼ると打球感は従来の片面のときより大きく変わって

しまうわけですから

ここは完全軽量重視である程度の弾みはは妥協しましょうグッド

2本の選択では弾みならこちら「ラプターフラットR」

表面ヒノキでソフトな打球感が好みなら「ストリークR-H」をオススメします。


どちらも画像のとおりグリップは削ってあります。右・左をご指定ください。

<参考に>
気になるラバーの重量ですが、厚で計測して

テナジー05、ファスタークG-1、ラクザ7、ヘキサー、ヴェガジャパンなど

でだいたい40g前後で、あとは中やスポンジ硬度が柔らかくなるにつれ

数gずつ軽くなります。

スレイバーやマークVなどの普通の高弾性ラバーだと34g前後です。

例えばラケットが58gならハイテンション系ラバーの厚を両面に貼っても

130g台後半、厚と中の組合せなら135g前後、高弾性ラバー同士なら

130g以下になる計算。

これなら重さを気にすることなく裏面打法に挑戦できますグッド

重さで断念した方、一度チャレンジしたかった方には是非!

▲PAGE TOP