最近のエントリー
カテゴリー
過去のエントリー
カレンダー
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
ブログ内を検索


PROFILE
モバイル
OTHERS
バタフライ「ロゼナ」試打しました!
この春「ラザンター」に続き、注目していた新製品ラバーがこの

「ロゼナ(バタフライ)」


4/21発売予定

神戸店スタッフ3名で試打する機会がありましたので、試打感など

お知らせします!

ラケットは、こちらも4/21発売予定の復刻モデル「SK7クラシック」グッド

ラバーは両面「ロゼナ」特厚でした。




ラバー特性では「ロゼナ」はスピード13、スピン10.8、硬度35°なので

これをテナジーシリーズで比較すると

テナジー05 スピード13 スピン11.5 硬度36°

テナジー80 スピード13.25 スピン11.25 硬度36°

テナジー64 スピード13.5 スピン10.5 硬度36°

スピードで見ると13は「05」と同じで、スピンは「80」と「64」の間。

硬度は1°だけ柔らかいラバーとなります。

ちなみに硬度は日本硬度なので、ヨーロッパでいうと45°前後になります。


打った最初の感想は全員「思った以上に柔らかい」でした。

スポンジ硬度は1°の差ですが、トップシートの影響でしょうか!?

グッと食い込み1°以上の差に感じます!


打球感はスプリングスポンジ独特の感触で、ゴム質の良さを感じますグッド

ラバーを手のひらに置いて、指先を動かし揺らしてみるとゴムがブルンブルン

っとなるのですが、そのゴムの弾力や感触でゴム質の良さを感じることが

できる思います!

皆さんも一度試してみてください楽しい


スピードはテナジー05と同じとなっていますが、球の軌道や打球感が

違うので同じイメージで打つと、球持ちが良く「05」よりは直線的な

軌道になりますので、比較は難しいですね。

とにかく「テナジー」は「テナジー」。「ロゼナ」はまた違う種類のラバーと

考えた方がいいでしょう。


これは回転力にも言えることで、ドライブなどガツンとかけた場合

数値的には「80」と「64」の間ですが、そのイメージで打つと

ラバー表面でかかる感触と、食い込んでかかる感触が違うので

間かどうか判断し辛いと思います。


しいて言えば「64FX」より打球感は少しハードで回転がかかる!

ようなイメージですか楽しい


「05」「80」などを使用している層ではなく、高弾性ラバーから

ハイテンションラバーにチャレンジする、まだ安定性も必要とする

中級者層に最もハマリそうなラバーだと思いますね!


上級者層でも、安定性を重視するバック面での使用もアリかとグッド


非常に高品質ラバーでありながら定価も¥5,000+税と¥4,000台の販売

となるだけに人気のラバーになることは間違いなしOK


スタッフ小川も「使いやすい!このあたりが自分には最も合いそう!」と

はりきってドライブを打ち込んでいました楽しい



*動画はフェイスブックをご覧ください。こちら


試打する時間が少なかったので、手に入ればまたしっかり重量なども

検証していきたいと思います!


ブログトップ

▲PAGE TOP